アメリカ商社マンの駐在生活と就職活動について語るブログ

アメリカに赴任中の20代独身総合商社マンです。現地での仕事や生活、就職活動等について自由に書いていきたいと思います。

【憧れのオーロラ鑑賞!のはずが・・・】アラスカ旅行記Part1~フェアバンクス編~

こんにちは、コジオです。

先日9/3はLabor day(労働者の日)のため祝日でした。

アメリカでは祝日が少なく、連休が非常に貴重なため今回も遠出をすることに。(前回は5月にNBAを観戦

【大興奮】給料はたいてNBAプレイオフ ファイナルをコートサイドで観戦してきた話 - アメリカ商社マンの駐在生活と就職活動について語るブログ

今回の目的地は、、、アラスカです。

アラスカはアメリカでもっとも北に位置する州であり、地図で言うとここらへん。

f:id:kojiousa:20180906122611p:plain

アメリカ本土からの遠が、そして面積の広さが一目でわかると思います。

総面積は約148万㎢と全米第一位、日本の約4倍を誇ります。

なんでそんな離れたところに国土があるの?という疑問が出るかもしれません。

ここアラスカは元々ロシアが発見、占領していたのですが1867年にアメリカが当時の国家予算の三分の一にあたる価格で買収した背景があります。

当時アメリカ国内では寒さが厳しく農業にも不向きな地の買収批判の声もありましたがところがどっこい、後に金や石油などの資源が取れることが分かり一大収益地となったのです。

さてさて、今回旅の目的は主に3つ。

  • オーロラを見る
  • ムース、グリズリーなど珍しい動物を見る
  • 氷河を見る

アラスカは気温が低く自然が豊富ということで、その土地ならではの動物や氷河などの自然風景を見ることが出来ます、

そしてなんといってもオーロラ!!

f:id:kojiousa:20180906130924p:plain



一生に一度はこんな幻想的な景色が見れたら最高だな・・・となんとなく思ってきたのですが、オーロラはノルウェーやカナダなど北部の地域でないと観測が難しい。

日本から行くにはハードルが高いけどアメリカからなら比較的短時間で行ける!

しかもアラスカのオーロラは9月でも観測できるらしく、その時期なら夜も気温は0度くらいと寒さもそれほど厳しくない(冬はマイナス25度くらい・・)ということで、この時期にいくことにしました。

日程は8/31~9/3の3泊4日。1日だけ休みをとって連休に繋げました。

ということでまずはオーロラの見えるフェアバンクスという町に向かったのですが・・・とにかく移動に時間がかかる。

私がいるコロラド州からはシアトルを経由して飛行機でおよそ8時間程度。

直線距離ではざっくりですが日本からインドと同じくらいの距離感です。

これが同じ国というのが信じられません。

長い移動の末フェアバンクス空港に到着。

空港では早速ホッキョクグマがお出迎え。

f:id:kojiousa:20180906134019p:plain

そしてレンタカーを借りて空港を出発!

直前までの天気予報では曇りの予定ということで、晴れていないと観測が難しいオーロラを見れるか不安視していたのですが、幸運なことに現地は晴れました。

これはオーロラきっとみれるぞ!!と胸は高鳴るばかりです。

ただ、夜まで時間があったので暫く観光することに。

まずはアラスカ縦断原油パイプラインへ。

f:id:kojiousa:20180906134321p:plain

このパイプラインは北極海から南の港までアラスカ全土を縦断しており、長さは約1300km,人口建造物としては万里の長城に次ぐ世界第2位の長さだそうです。

とんでもない長さですね。

そしてまだ日の入りまで時間があったので(夜九時ころ)宿の近くのはいいキングコースに行くことに。

f:id:kojiousa:20180906134834p:plain

自然にあふれたコースをトコトコ歩き、

f:id:kojiousa:20180906134923p:plain

途中リスにあいさつしたりのんびり進みながら頂上へいくと、f:id:kojiousa:20180906135022p:plain

こんな素晴らしい景色が待っていました。

スケールでかいですね~~

そして自然を堪能した後は宿に向かいました。

初日はチナ・ホットスプリングス・リゾートに宿泊。

こちらの宿は水着で入る露天風呂があることで有名で、チェックイン後早速入りに行きました。

f:id:kojiousa:20180907125726p:plain

少し暗くて分かりにくいですが男女混浴の温泉となっていて、グループできている旅行者が輪になって談笑していました。

温泉に浸かりながらオーロラ鑑賞出来たら最高だな・・なんて期待を抱きつつ、一旦上がることに。

そしてロッジに向かう途中で衝撃の光景を目にすることに。

f:id:kojiousa:20180907130910p:plain

野生のムース(ヘラジカ)が突如近くに現れました。

写真だと距離がありますが、このムース、身長が2メートル近くもありとても巨大。

アメリカやカナダでも毎年死亡事故が起きているとのこと。

普段は狂暴ではないが、敵とみなした場合人間にも攻撃してくることがあるらしく、こんなとこに野放しにしていいのかよ!と思いましたがこれも大自然の中ならではなのでしょうか。

ビビりましたが無事ロッジに戻り、オーロラ鑑賞が期待できる深夜0時ころまで待機することに。

そして深夜になり外に出て様子を見てみましたが・・・

まさかの曇り空。 

フェアバンクスは晴れが多いことで有名だったのにこれは不運・・・

それでもじきに晴れるんじゃないかと期待を込めて待機所に籠ることに。

そこにはツアーで来ている日本人がたくさんいました。

 少し話してみると、どうやらこれがフェアバンクス滞在4日目だがすべて曇りのためオーロラはまだ一度も見れていないとのこと。

これがオーロラツアー参加3回目というおばちゃんには、「一日でオーロラ見ようなんて甘いこと言ってるんじゃないわよ!!」

と説教されてしまいました。。

まあ確かに日本からはるばる計画を立てて来ている方に比べると、

・出発2週間前に行先を決めた

・滞在は1日か2日のみを予定

という我々は甘ちゃんに映ったのでしょう。。

結局3時ころまで粘りましたがオーロラは見れず。

唯一取れた写真がこちら。

f:id:kojiousa:20180907133845p:plain

なんだかよくわかりませんね。。。

宿の人に話を聞くと「9月でも見れる可能性は割と高いが、やはりより気温が下がり晴天日も多い冬季(11月~3月)の方が見やすいのも事実」というコメントでした。

結局この日の観測は難しいと判断し、明日以降の観光に備えるため寝てしまいました。。

無念です。。。

 

つづく

 

コジオ